« 第48回 指パッチンで博物館 | トップページ | 第50回 シリーズが続くと敵も増える »

第49回 悲劇と喜劇は紙一重

映画123 その27 今回の映画は、『主人公は僕だった』『ナイトミュージアム』『アルゼンチンババア』の3本から。

Skb0
ある日突然自分の行動がナレーションのように自分だけに聞こえる声で語られるとしたら…
しかも、その超えに自分の死が間近だとしらされたら…
コメディなのに、悲劇的、大ヒットしなかった映画だけど、この映画はお勧めです。

|

« 第48回 指パッチンで博物館 | トップページ | 第50回 シリーズが続くと敵も増える »

「ポッドキャスト」カテゴリの記事

「映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140004/8305020

この記事へのトラックバック一覧です: 第49回 悲劇と喜劇は紙一重:

« 第48回 指パッチンで博物館 | トップページ | 第50回 シリーズが続くと敵も増える »